slitdrum map

 ハンクドラムとは?/about hankdrum


English


ハンクドラムとは、2007年に発明家であるDennis Havelena氏が発明したスリットドラムの一種で、 プロパンガスのタンクに発音部分が片持ち梁状になるようにスリット(以下、切れ目)が入っているものを指します。
名前の由来は、

Hand(手で叩く)+Tank(タンク)+Drum =Hankdrum

通常はプロパンガスのタンクを再利用した金属製のものをハンクドラムと呼びます。 しかし、cimantoneではプロパンタンクを使用していません。 なのにどうしてハンクドラムと呼ぶのか?もしよろしければ、その理由をこれから述べたいと思いますので 、時間と心に余裕のある方は少しの間お付き合いください。
.
.
.
.
ハンクドラムは、発明と言ってもプロパンタンクの底や横に発音部が片持ち梁状になるように切れ目をいれただけのものです。

「それだけ?タンクを切っただけでしょ?
    それに、発音部が片持ち梁状ならタングドラムとどう違うの?」

と 思われるかもしれません、私もそう思いました。しかし、この一見
何でもないようなことがシンプルで画期的なことだったのです。
なぜかというと、
今までの金属製のタングドラムは木製のもの同様、水平な打面に切れ目を入れていました。
この場合、木材のタングドラムは一つ一つの発音部分(以下キー)を独立した音階にすることが可能です。 ところが金属でその構造を真似ると、音は出るのですが、その性質上、振動が伝わりやすいため、よく撓み、 一箇所のキーを叩くと打面全体が共振、共鳴してしまいます。そのため音が混ざってしまい音階がはっきりしません。
(それはそれで独特の音がして面白いのですが)
その問題を解決したのがDennis氏でした。なぜか、答えはプロパンタンクの形にあります。

プロパンタンクは内部のガスの圧力に耐えるため水平な所は殆どありません。
この形状の打面に切れ目を入れると、自由端になったところはキーになり、
そうでないところは適度な柔軟性と強度を持ったアーチ状になります。
このアーチ部分を各キーの間に来るよう設計することで、隣り合うキーの共振をある程度抑えられ、余計な倍音や唸りが 少なくなります。こうすることで各キーの音階を調律することが可能になり、あのハンクドラム独特の音色が出来上がるわけです。

ハンクドラムの形状はデザインだけでは無く機能も兼ね備えているのです。


しかも彼は、この楽器を製作するためのノウハウと設計図をwebでオープンにしました。
特許もとっていません。
これにより世界中でハンクドラムメーカーが産まれました。もちろん私達もその一つです。
しかし、これらのことを踏まえると、この構造を使ったスリットドラムに
別の名前を(○○は良くても、○○ドラムなどと)つけるのは
犬に猫と名前をつけるようなものです..........がアリと思います。

話が逸れてしまいました。ですから、この構造を使ったスリットドラムは
プロパンガスのタンクを再利用していなくても、 木製であっても、樹脂製であっても、
繊維強化樹脂製であっても「ハンクドラム」だと私たちは考えます。
それから、よくハンクドラムは
「ハンドラム(hangdrum)のチープな代替品」として紹介されますが、
私達はそうは思いません。
なぜならスリットドラムには、まだまだ進化の余地があるからです。
この余地を埋めることによってハンドラムとは全く違った楽器になるでしょう。

それではこれにて、
どうも御清聴ありがとうございました。




Hankdrum is a type of a slit drum, originally invented by Dennis Havelena in 2007. It is fashioned from an empty propane tank, where slits are made in the pattern of supportive crossbeams on the noise producing surface of the instrument. The origin of the word is as follows:
Hand (hit with hands) + Tank (propane tank) + drum = Hankdrum
Normally, hankdrum refers to those made from recycled metallic propane tank. However, at cimantone, we do not use propane tanks. Why do we still call them hankdrums? I would like to tell you the reasons here, please bear with me if you have both the time and some room in your heart.
.
.
.
.
Invention of hankdrums, after all, merely amounted to making crossbeam slits on the bottom or the sides of the propane tanks.
"That is it? A tank was just cut? Besides, if the sound producing face is simply cut in a crossbeam pattern, how does it differ from a tonguedrum?"
You may think that. In fact, I had the same thoughts. In actuality, this seemingly ordinary design was simple, yet, ground-breaking. The reason being, the previous metallic tonguedrums, like the wooden ones, had slits on flat surfaces. In this case, the wooden tonguedrums are capable of translating the individual sound producing elements (subsequently referred as, keys) into independent scales. However, when the same architecture is mimicked on metal, even though the sound is produced, the tone resonates together. This is due to the physical properties of metal, where the vibrations are transmitted too easily, leading to large deflection of the material, and as a result, the stroke of one key leads to resonance of the entire drum surface (as interesting as this unique sound is). The man who solved this problem was Dennis. The answer was in the shape of the propane tanks.
In order to resist the pressure of the gas, propane tanks do not have any flat surface. When the slits are made on a tank, the freed edges become the keys, and the remaining arched parts possess moderate flexibility. The arched parts are intentionally placed between the keys. This design serves to buffer any unintended resonance between the keys, minimizing the undesired tonal amplification or humming. Additionally, this design allows for tuning of the scales. The unique sounds of the hankdrums are thus produced.
The structure of the hankdrums encompasses both design and functionality.
Furthermore, Dennis Havelena published the blueprint and detailed instructions for his hankdrums on the internet. No patents have been registered. Because of this, numerous hankdrum manufacturers popped up around the world. Cimantone is one of them.
I believe that all slit drums embodying this particular design are "hankdrums," even if they are not made from recycled propane tanks, but instead, made from wood, plastic, or fiber reinforced plastic resin. Hankdrums are often introduced as a "cheap alternative to hangdrums." I do not believe that because, slit drums possess potential for evolution. In achieving this potential, hankdrums will become an instrument that is completely different from hangdrums.